山谷佑介写真展 『RAMA LAMA DING DONG』

Share

LIBRIS KOBACO|山谷佑介写真展 『RAMA LAMA DING DONG』

IBRIS KOBACO 二周年記念特別展示として唯一無二の世界観でジャンルや国を超えて支持を広げる写真家・山谷佑介さんの写真展『RAMA LAMA DING DONG』を開催いたします。

山谷の福岡初個展となる本展『RAMA LAMA DING DONG』は、2014年に山谷と妻の日本縦断(大分・鹿児島・長崎など含む)の新婚旅行の写真作品を本展に合わせ再構築し展示する写真展となります。

不自由を強いられる息苦しいコロナ禍の時代において、山谷の過去作である『RAMA LAMA DING DONG』の自由が当たり前であった時代の写真は、今の私たちがなによりも求め切望しているのではないか。と、思い至るのです。

自由とは夫婦とは。切望とは愛とは。

美しい写真と共に様々な思いを抱き観て頂ければと思います。

2009年、東京の写真スタジオで働いていた。まだ写真をやり始めて2年くらい。気持ちはいつも鬱屈としていた。ここじゃない。

ひょんな出会いから、仕事を辞めて長崎に住むことにした。上司からは呆れられた。

母親から廃車予定だった車を譲り受け、東京のアパートから荷物を全て詰め込んで九州を目指した。

関門海峡を過ぎると途端に周りの車の運転が荒い。煽り、幅寄せ。見ず知らずの土地や文化に触れる高揚感。

それから1年弱、長崎に住みながら九州のいろいろな場所を旅した。この時の経験が自分の生き様を方向付けたような気がする。

だから2014年に結婚した時には、自分のこれまでの生き方や見てきたものを、奥さんにもまず最初に見せたかった。

その時の新婚旅行の写真が、この「RAMA LAMA DING DONG」だ。

そして2021年、家族は4人になったけれど、また縁もゆかりもない土地に引越した。

見ず知らずの土地を少しずつ理解していくことは相変わらず楽しい。社会は大きく揺らいでいるけれど、自分に出来る、自分の生き様を続けるだけだ。そういうことを大切にしている。

ー山谷佑介ー

Profile

山谷佑介新潟県生まれ。立正大学文学部哲学科卒業後、 写真スタジオに勤務。その後、 長崎で東松照明や無名の写真家たちとの交流を通して写真を学ぶ。 2013年に自費出版した「Tsugi no yoru e」で初めての個展を開催。それ以降、 ライブハウスやクラブの床、自身の新婚旅行、深夜の住宅街、 セルフポートレートなどさまざまなテーマの作品を展開し、 現代人をとりまく世界のあり方についてのユニークなヴィジョンを 提示している。主な写真集に『ground』『RAMA LAMA DING DONG』『Doors(ギャラリー山谷)、『Into the Light(T&M Projects)がある。

イベント名:山谷佑介写真展 『RAMA LAMA DING DONG』

開催場所:LIBRIS KOBACO

開催地住所:福岡県福岡市中央区大手門3丁目2−26 田中ビル 401(地図はこちら)

開催日:2021-07-31(金) ~ 2021-09-05(日)

お問い合わせ:090-8395-6010 (フォトガイドふくおかを見たとお伝え下さい)

利用時間:13:00~18:00

お休み:月曜 火曜 水曜 祝日は休まずオープン

料金:入場無料

公式WEB:http://libris-kobaco.com/index.html

Related Posts