煙を愛した昭和の作家たち

Share

周南市美術博物館|煙を愛した昭和の作家たち

 

林忠彦が撮影したポートレートを見ると、たばこの煙をくゆらす姿が目立つ。被写体の生活感や人柄を写真に写し込むことを得意とした林が、喫煙中にシャッターを切ったのには理由があるはずだ。
リラックスしているのか、はたまた写真を撮られることに居心地の悪さを感じ、手持ちぶさたでたばこに火をつけたのか。今や禁煙、分煙が叫ばれ、肩身が狭くなりつつある愛煙家だが、当時はたばこをくわえる姿が絵になるという時代であったであろう。たばこを吸っている姿は写真の中でしか見られなくなる日も来るのかもしれない。

高見順「日本の作家」より

イベント名:煙を愛した昭和の作家たち

開催場所:周南市美術博物館

開催地住所:山口県周南市美術博物館10‐16(地図はこちら)

開催日:2020-10-01(木) ~ 2021-01-29(金)

お問い合わせ:0834-22-8880

利用時間:09:30〜17:00(入館は16時30分迄)

お休み:月曜日 (休日 ・ 祝日の場合はその翌日)

料金:入場無料

公式WEB:http://s-bunka.jp/bihaku/

Related Posts